糖尿病予防対策&治療

2015/05/20 23:39:20 | group
糖尿病に勝つためにはあとにも先にもやはり食生活と適度な運動が大事です。私の父が糖尿病を患っていて、インスリン注射も毎日自分でしていたのです。年齢は70才です。普段は家にいてアルバイトの時だけ車で外出するみたいな生活だったのですがある時から食事を質素な物にして、特に白ご飯の量を普段の3割程度に減らしアルバイトへは、自転車で20分位かけて行く。という生活習慣に変更しました。覚えてて下さい!糖尿病予防として血糖を一気にあげない食べ方が大切です!そんな生活をおよそ半年続けた時に病院の先生が衝撃の一言を、「物凄く数値が安定しているからインスリン止めてみましょう」と言ってくれたのです。それからしばらくたち...
2015/05/20 23:39:20 | group
糖尿病になると体が疲れやすくなったり急激に痩せたりといった症状が出てきます。そして、そのまま進行してしまうと合併症により最悪死に至ってしまう病気です。そんな糖尿病にならないためにはどうしたらいいのか、予防方法を紹介します。■太っていると危険糖尿病に限った話ではないのですが、太っていると病気になりやすい体になってしまいます。太っている人は糖尿病になりやすい体になっているので注意が必要です。まずは食事制限からはじめてみましょう。糖尿病が悪化してしまうとそれこそ好きな食事ができない状態になってしまいますので、糖尿病になってしまう前に健康的な食事を心がけ好きなものはたまに食べる程度に抑えましょう。基本...
2015/05/20 23:38:20 | group
自分は現在52歳ですが、4年前に今の現状では糖尿病になりますよと言われました!その時の状態では、自営業も遣ってましたし、地元の法人会等にも所属しておりましたので週に4日位は飲みに行っておりました!そんな生活が続いていた為に体調が悪くなり、たまたま行った病院で検査をしましたら血糖値が高く更に血圧の下の方が100を越してまして、このままの生活をしていると糖尿病になりますよと言われまして、それから生活を改める様になりました。それから二週間に一回通院と言われまして、薬と同時に生活改善を言い渡されまして、先生に言われた事がお酒・煙草・塩分・睡眠を言われまして、それから一時はノンアルコールビールを飲んだり...
2015/05/20 23:36:20 | group
最近メディアなどでも取り上げられる事が多くなった隠れ糖尿病をご存知でしょうか?現代では5人に1人が隠れ糖尿病だとも言われていて、自覚症状がないので気付きにくいのです。しかも、健康診断の血液検査では引っかからないので、知らない間に隠れ糖尿病が進行していて、糖尿病になってしまうケースがあります。糖尿病は空腹時の血糖値が高いのですが、隠れ糖尿病は空腹時の血糖値が正常です。しかし、食後の血糖値が正常範囲を大きく超えていて、健康な人よりも元に戻るのが遅いという特徴を持っています。隠れ糖尿病かどうかを検査するには、いつも通りの食事をした後に血液検査を受けるのが効果的です。また、自宅で簡単に血糖チェックがで...
2015/05/20 23:31:20 | group
近親者に重度の糖尿病になった人が二人いてるので気をつけています。健康診断の結果だけでいえば、まだ糖尿病にはかかっていませんが、油断をするとすぐだと思いそれなりに対策をしています。主に気をつけるようにしているのは炭水化物の摂取量です。糖尿病といえば糖分の摂り過ぎじゃ?ってイメージがありそうですが、その分そういう意識が生まれるので無意識のうちにほとんどの人がセーブしてると思います。問題なのは、そういうブレーキのかからない炭水化物なんです。主にパンやお米、お好み焼きやうどん、そばなどの粉物がすべて該当します。ほとんどのものが主食となるもので、意識しなければガッツリ食べてしまうと思いますが、これが一番...
2015/05/20 23:30:20 | group
私は糖尿病について、とても心配しています。それは親戚の人で糖尿病になっている人が多いからです。遺伝も関係するときいているので、自分としても糖尿病にならないように、気をつけて行こうと思っています。そしてその気をつけていく内容として、現在私が実施をしていることは、食事の食べ方に気を付けることにしています。糖尿病と言うのは、血糖値の異常によって起こります。そのため、その血糖値をいつも安定させておくことが大切なのです。そのことを思うと、甘いものを食べないようにすると一番良いと思いますが、そのような食生活は無理ですので、食べ方について注意をすることにしているのです。その食べ方と言うのは、血糖を一気にあげ...
2015/05/20 23:29:20 | group
私ではありませんが、数年前に脳梗塞で要介護となった糖尿病を持つ父親の介護で、病院と食生活の健康管理をすることになってしまいました。糖尿病としては薬を処方されていましたが、体が不自由で運動での改善は期待できませんでした。食生活では、糖分はゼロカロリーの糖分を主に使いました。又、糖尿病の食事では換算表がありますが、一々換算するのも面倒なので、魚や野菜、豆腐や納豆といった大豆食品と、肉は鶏ムネ肉を主に使って1ヶ月の献立を立てて使い回し、季節を考慮しながら料理をしていました。更に、炭水化物はできるだけ茶碗1杯で納得できるようにし、それでもダメであれば白滝を米粒大にして混ぜ込むか菜飯という方法があります...